何処までも純粋、限りなく本物
シンプルながらも重厚。品位あふれる空間に
身をゆだねてください。
クラブハウス設計者 大西 英輔
photo
穏やかな陽光の降りそそぐ丘の上に、幾つかのなめらかな曲線の屋根に 覆われた建物が、ゆったりと据えられている。
その屋根はコースのやわらかな起伏に呼応して広がっている。大きな庇 の下の亜土色の柱と壁一面の大きなガラスは、春は新緑に映え、真夏の 日ざしの下では輝き、秋は紅葉にとけこみ、冬は寒風をはねのける・・・。
このクラブハウスがプレーの為の準備の場であり、休息の場であり、 また語らいの場であり、ゴルフを心から楽しむ為の場になることを求め、 設計しました。さらに、年月を経ても輝きの無くならない建物であるた めに、一つひとつを丁寧に作りました。
建物の内部は、中央に常緑の芝生に覆われた大きな中庭があり、その周り の回廊を通して柔らかな明るさが建物全体に広がり、各々の部屋への明快 なつながりを作り出しています。トータルに、クラブライフを堪能してい ただけるクラブハウスとして完成いたしました。
高室池ゴルフ倶楽部  〒673-1472 兵庫県加東市上三草1132-2  TEL:0795-42-8100  FAX:0795-42-6462
©2016 Takamuroike Golf Club